予備校講師の田原が電験3種の理論対策のWeb講座を作成しました。「田原の電験三種(理論編)」好評開講中!
電験三種の理論対策について
物理ネット予備校の講師が、電験三種の理論対策について書いています。
2008年5月にリリースしたの「田原の電験三種(理論編)」の作成のために、ひたすら「電験三種・理論」の例題を解きました。
予備校講師になって10年間で築き上げた「田原の物理」で、電験三種の問題を解くとどうなるのか?
公式を暗記してあてはめるのではなく、電磁気学をちゃんと理解して、納得して問題を解きたい人、電磁気学について一生モノの知識を身につけたい人が、「こんな講座が欲しかった!」と言ってくれるような講座になったと思います。
オーム社の問題集を解いていく過程で、気づいたことなどを、どんどんアップしていきますので、ぜひ、お気に入りに入れておいてください。
田原の電験三種(理論編)の第1講を無料で公開していますので、ぜひ、受講してみてください。

→ 田原の電験三種(理論編)無料講義

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オーム社「電験3種完全マスター・理論」への感想、第4弾です。

この本です。



新幹線の中で、問題は解かずに、解法研究をしました。

1-11 クーロンの法則(静磁界)

磁気モーメントが登場。電気における双極子モーメントに相当するもの
なのだけど、どの程度まで説明したほうがよいのかが課題。

1-12 電磁誘導

大学受験の範囲とほぼ同じなので、いつもの説明でO.K.

1-13 渦電流と表皮効果

ここは、苦労しそうです。

大学受験では、新課程になって渦電流を定性的に扱うようになりましたが、
結構、本格的に扱っているみたいなので、原理をある程度説明する必要がありそう。

1-14 インダクタンス

大学受験の範囲とほぼ同じなので、いつもの説明でO.K.

1-15 インダクタンスの直列接続

和接続、差接続、結合定数などは、大学受験では扱わない。
それほど難しい内容ではないけれど、問題の中で、どのように問われるのかを
確認しなくてはならないです。

1-16 電磁エネルギー

大学受験の範囲とほぼ同じなので、いつもの説明でO.K.

1-17 単位と記号

電磁気学の単位は、結構、面倒です。
電験3種の問題で、どのくらいの出題頻度なのかを調べて、
扱いの大きさを決めたいと思います。

今日は、移動時間が長かったので、このあと、引き続き、
第2章の電気回路もやりました。

記事が長くなったので、電気回路については次回に書きます。

電験3種対策のPCレター講座を作るために、
オーム社「電験3種完全マスター・理論」の問題を解いています。

この本です。




例題24までを解きました。

1-7 抵抗
抵抗の温度測定では、基準温度の周りの線形近似になっているところが、
分かりにくいのかなと思いました。

抵抗値が温度に関して曲線的に変化するのを、ある温度における接線で
近似した式を使っているのですが、「近似式」の感覚があるかないかで、パッと頭に
入るかどうか
が決まりそうです。

比を取ったり、差を取ったりして計算するところに、
田原式の解法が使えそうです。


1-8 電流の磁気作用

アンペアの法則をちゃんと理解できれば、直線電流の作る磁場と、
ソレノイドコイルの内部磁場が、なぜあのような式になるのかが納得できます。

円電流の中心磁場は、ビオ・サバールの法則から求められるのですが、
ビオ・サバールの法則はどこから導けるか知っていますか?

ローレンツ力の反作用として、導出することができます。

その導出をノートに書いて、「これも、講義で説明しようかな?」
などと考えていました。

1-9 電磁力

ほぼ高校物理と同じですが、「磁気モーメント」だけが高校では扱わない概念です。
定義を示すだけなら簡単なのですが、もうちょっと深く突っ込んだ説明をしたいと
思っています。

どうやって説明したらいいかは、検討中。

1-10 磁性体

磁化電流や、磁化率の分野は、完全に大学範囲。

周回積分などを使って、数学的に厳密に扱う方法もあるのだけど、
電験3種の問題集では、そのあたりをイメージ重視で処理している感じ。

僕としては、数学的に厳密にして、必要以上に難解にするのはいやだけど、
もう一歩踏み込んで概念を理解してもらいたいと思っています。

このあたりも、どうやって教えるのか、検討中。

電気回路と磁気回路の対応関係は、前半のヤマ場。

ここは、ちゃんと説明できたら、とても面白いテーマになりそうです。


第1章の電磁理論が終わるまで、あと20問。

数値計算が面倒な問題が多いため、思ったよりも時間がかかっていますが、
だいぶ電験の問題が、体に浸透してきた感じがあります。


電験3種対策のPCレター講座を作るために、
オーム社「電験3種完全マスター・理論」の問題を解いています。

この本です。




今日は、スタバで会議をしたあと、休憩時間に、電磁理論の例題11~17を
解きました。

数値計算が面倒なので、どのような工夫が必要なのか、
いろいろと試してみました。

○文字で置き換えてから、最後に数値を代入する。
○比をとって計算する。
○近似公式を使う。

そのほかにも、コンデンサーの接続の問題では、
図形的な解法が有効でした。

以下に数値計算を減らすかということが、
計算ミスを少なくする工夫かと思います。

この調子で、どんどん進めていきたいと思います。

電験3種の問題を、実際に解いて勉強していらっしゃる方は、
もしよかったら、どんな風に感じているのか、
phys-comへ書き込んでくださいね。

電験3種対策のPCレター講座を作るための問題研究として、
オーム社「電験3種完全マスター・理論」の問題を解き始めました。

この本です。



やっぱり、自力で解いてみないと分からないことがあるので、
「電験3種」というノートを作り、例題1から手を動かして問題を解いています。

大学受験用の講座では対応できない内容が、どのようなものなのかを、
まずは実感するところからスタートですね。

とりあえず、第1章 電磁理論の例題10まで解いた感想は、

数値計算が、結構、面倒くさい→どのような工夫が可能か。
真空の誘電率ε0の数値を覚えておくべきかどうか(検討中)
クーロンの法則の比例定数 k=9×10^9は、覚えておくべきのようだ。
数値を文字で置き換えて、最後に数値で置き換えるやり方をマスターするのが有効。
球電極は、大学受験では扱わないので、説明を加えなくてはならないなぁ。
「絶縁耐力」という用語も、大学受験では扱わないので、説明に追加!

今後も、問題を解いたら、その感想をこちらに上げていこうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。