予備校講師の田原が電験3種の理論対策のWeb講座を作成しました。「田原の電験三種(理論編)」好評開講中!
電験三種の理論対策について
物理ネット予備校の講師が、電験三種の理論対策について書いています。
2008年5月にリリースしたの「田原の電験三種(理論編)」の作成のために、ひたすら「電験三種・理論」の例題を解きました。
予備校講師になって10年間で築き上げた「田原の物理」で、電験三種の問題を解くとどうなるのか?
公式を暗記してあてはめるのではなく、電磁気学をちゃんと理解して、納得して問題を解きたい人、電磁気学について一生モノの知識を身につけたい人が、「こんな講座が欲しかった!」と言ってくれるような講座になったと思います。
オーム社の問題集を解いていく過程で、気づいたことなどを、どんどんアップしていきますので、ぜひ、お気に入りに入れておいてください。
田原の電験三種(理論編)の第1講を無料で公開していますので、ぜひ、受講してみてください。

→ 田原の電験三種(理論編)無料講義

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電験3種対策のPCレター講座を作るための問題研究として、
オーム社「電験3種完全マスター・理論」の問題を解き始めました。

この本です。



やっぱり、自力で解いてみないと分からないことがあるので、
「電験3種」というノートを作り、例題1から手を動かして問題を解いています。

大学受験用の講座では対応できない内容が、どのようなものなのかを、
まずは実感するところからスタートですね。

とりあえず、第1章 電磁理論の例題10まで解いた感想は、

数値計算が、結構、面倒くさい→どのような工夫が可能か。
真空の誘電率ε0の数値を覚えておくべきかどうか(検討中)
クーロンの法則の比例定数 k=9×10^9は、覚えておくべきのようだ。
数値を文字で置き換えて、最後に数値で置き換えるやり方をマスターするのが有効。
球電極は、大学受験では扱わないので、説明を加えなくてはならないなぁ。
「絶縁耐力」という用語も、大学受験では扱わないので、説明に追加!

今後も、問題を解いたら、その感想をこちらに上げていこうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。