予備校講師の田原が電験3種の理論対策のWeb講座を作成しました。「田原の電験三種(理論編)」好評開講中!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電験3種対策のPCレター講座を作るために、
オーム社「電験3種完全マスター・理論」の問題を解いています。

この本です。




例題24までを解きました。

1-7 抵抗
抵抗の温度測定では、基準温度の周りの線形近似になっているところが、
分かりにくいのかなと思いました。

抵抗値が温度に関して曲線的に変化するのを、ある温度における接線で
近似した式を使っているのですが、「近似式」の感覚があるかないかで、パッと頭に
入るかどうか
が決まりそうです。

比を取ったり、差を取ったりして計算するところに、
田原式の解法が使えそうです。


1-8 電流の磁気作用

アンペアの法則をちゃんと理解できれば、直線電流の作る磁場と、
ソレノイドコイルの内部磁場が、なぜあのような式になるのかが納得できます。

円電流の中心磁場は、ビオ・サバールの法則から求められるのですが、
ビオ・サバールの法則はどこから導けるか知っていますか?

ローレンツ力の反作用として、導出することができます。

その導出をノートに書いて、「これも、講義で説明しようかな?」
などと考えていました。

1-9 電磁力

ほぼ高校物理と同じですが、「磁気モーメント」だけが高校では扱わない概念です。
定義を示すだけなら簡単なのですが、もうちょっと深く突っ込んだ説明をしたいと
思っています。

どうやって説明したらいいかは、検討中。

1-10 磁性体

磁化電流や、磁化率の分野は、完全に大学範囲。

周回積分などを使って、数学的に厳密に扱う方法もあるのだけど、
電験3種の問題集では、そのあたりをイメージ重視で処理している感じ。

僕としては、数学的に厳密にして、必要以上に難解にするのはいやだけど、
もう一歩踏み込んで概念を理解してもらいたいと思っています。

このあたりも、どうやって教えるのか、検討中。

電気回路と磁気回路の対応関係は、前半のヤマ場。

ここは、ちゃんと説明できたら、とても面白いテーマになりそうです。


第1章の電磁理論が終わるまで、あと20問。

数値計算が面倒な問題が多いため、思ったよりも時間がかかっていますが、
だいぶ電験の問題が、体に浸透してきた感じがあります。


スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://denken3shu2008.blog10.fc2.com/tb.php/3-4ab2c59c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。